胃炎サプリ〜胃の不快感を無くしたい方必見〜

胃炎サプリ〜胃の不快感を無くしたい方必見〜

胃は食べたものを吸収しやすいように胃酸を分泌して消化する役割があるのですがその胃酸の分泌のバランスが崩れると、胃に負担がかかり胃もたれや胸やけが起きてしまします。特に40〜50代になるとストレスや生活習慣の乱れにより、胃の不快感が増してくり返しやすくなります

 

健康な胃を保つには胃粘液を増やす事が大事です。辛すぎる・甘すぎるもの、喫煙、過度な飲酒、などを日頃から摂生することで、胃の不快感が和らぐとされていますが、さらに改善そして予防するためにビタミンAやβーカロチン、亜鉛やマグネシウムが含まれているサプリを摂取する事をおすすめします。

 

粒マヌカの特徴

仕事が忙しく外食続き…ストレス溜まり、発散するのに暴飲暴食…こんな毎日が続くと胃が悲鳴を上げて、痛みや病気の原因にもなりかねません。普通のハチミツの8倍の抗菌力を持つ最高級マヌカハニーを使った贅沢なサプリです。他にもハーブであるエキナセア、母乳に含まれるガード力の強いラクトフェリン、腸にもしっかり届く植物性乳酸菌がたっぷり配合されています。しかも粒状にすることで抗菌力がさらにアップ!原産地が明確な自然素材を使用・国内工場で製造・徹底した検品によって安心して摂取する事が出来ます。

価格 2,980円
評価 評価5
備考 マヌカハニー・ラクトフェリン

 

イツラックの特徴

成人の4人に1人は胃の不調や悩みを抱えているそうです。毎日健やかに過ごすためには、食物の栄養やエネルギーを吸収・消化する胃が健康でなくてはなりません。身体への負担が少なく出来るだけ自然のものをとりいれようという漢方から学んだ桂皮・丁字・ウイキョウの3種類の生薬を配合することで胃に優しくじっくり効きます。指定医薬部外品に指定され、品質や衛生面も徹底しているので安心して摂取して頂けます。粒状なので飲みやすいですし、個包装されているので持ち運びにも便利です。

価格 2,980円
評価 評価4
備考 桂皮・丁字・ウイキョウ

 

乳酸菌革命の特徴

年々夏の暑さが増してきて、外に出るのが辛いですよね。そんな日はどうしても冷たいものを摂りすぎたり、エアコンにあたりすぎたりすることで胃腸の働きが鈍くなり、身体のあちこちに不調を感じるようになります。強くて健康な身体を作るには、腸内の悪玉菌を抑えて善玉菌を増やす必要があります。ビフィズス菌・ラブレ菌・カゼリ菌の3大乳酸菌をしっかり配合することで胃や腸までしっかり届きます。酸やアルカリに弱いのも、耐酸性カプセルにすることで解決。添加物も一切使用していないので、毎日安心して摂取出来ます。

価格 2,730円
評価 評価3
備考 ビフィズス菌・ラブレ菌・カゼリ菌

 

アルコール性胃炎とは

 

アルコール性胃炎とは読んで字のごとく、アルコールの摂取が原因で胃が炎症を起こしてしまう疾患です。アルコールによる胃炎は急性胃炎に属します。アルコールは胃の粘液を刺激しますから、胃酸が多く出てしまったり、胃を直接刺激してしまって炎症が生じ、胃炎の症状が発生します。

 

アルコールの影響によって胃の保護膜である胃粘液がなくなってしまうため、気持ちが悪くなる、胸がむかつくといった症状が反応として起こります。その状態でアルコールを続けて摂取してしまうと、アルコールが胃から直接吸収されてしまいますから、胃酸の分泌を促すようになり、胃にさらなる負担をかけることになってしまいます。

 

胃酸が胃を直接刺激することがないように粘膜があるのですが、アルコールによってその機能が失われてしまうのですね。こうして、胃がうっ血するようになり、重症化すると吐血にまで至ります。

 

通常、アルコールによる胃炎であれば2〜3日もあれば十分治りますが、それだけの期間胃を休めることができずに連日アルコール類を摂取してしまうと、胃に続けてダメージが与えられてしまって、慢性胃炎になることもあります。

 

慢性胃炎になると、全身の倦怠感や胸やけ、胃の痛みなどが生じるようになり、胃がんのリスクも発生するようになりますから、できる限り下げるべきです。

 

お酒によって胃がんが生じることが多いのは、こういった胃の炎症を続けて引き起こすからで、ダメージを受けた細胞が変異してがんになります。大丈夫だろうと考えず、普段から注意して飲むようにしましょう。

 

胃炎に乳酸菌?

 

胃炎は誰にでも起こりうる身近な病気だといわれています。暴飲暴食やお酒を飲むことが無いとしても、ストレスなどから胃炎が起こることもありますから、簡単には避けられません。普段から生活習慣や食生活に注意をしておけば、胃炎にはなりにくくなりますから、平素からしっかり気をつけておきましょう。

 

胃炎に効果的と呼ばれるのが乳酸菌を含む食材なのだそうですが、乳酸菌といえば腸に効果があるというイメージを持っている人も多いと思います。しかし、この乳酸菌は胃炎を引き起こす元になるピロリ菌に効果を持っているそうです。

 

現在発売されているヨーグルトに使われているLG21菌と言う乳酸菌が、そのピロリ菌に効果的な乳酸菌で、これを毎日食べ続けていると胃の中のピロリ菌の減少や、胃炎の症状の改善が見られたそうです。

 

そのため、これを配合したヨーグルトがものすごく売れるようになって、今ではコンビニやスーパー、どこでも見かけることができるようになりました。それだけ胃炎に悩んでいる人が多いということなのでしょう。他の乳酸菌でもピロリ菌に効果が無いということではありません。LG21はその中でも特にピロリ菌に対して効果があるということです。

 

また、これは胃酸に対して耐性があるために、腸にもしっかり届いて作用できるという特徴もあります。胃と腸はつながっていますから、互いに好調不調の影響を受けるようになっています。

 

胃や腸のどちらかをケアするだけでも、互いにいい影響が出ますから、乳酸菌はピロリ菌のことを考えないにしても、胃のケアにも有効であると考えられるのです。

 

胃炎の原因と対処

 

胃炎は大きくは急性胃炎と慢性胃炎とに分けて考えます。そして、その中でも症状を見ながら、種類を細かく分けていきます。症状が違えば、当然原因も異なりますから、対処方法が異なってきます。

 

胃炎は比較的原因を特定するのが難しくない病気ですから、原因をしっかり追求して健康な状態に早く戻せるように努力しましょう。

 

急性胃炎は胃の粘膜に急性の炎症が生じる病気で、誰にでも起こりうる病気です。ほとんどの場合は、安静に過ごして、薬を服用すれば数日内には回復します。これが体質や生活習慣の問題で繰り返し起こってしまう場合には、慢性胃炎を生じやすいために注意しなくてはなりません。

 

胃炎の症状としては、胃に不快感、痛み、食欲不振などが生じるようになりますし、ひどい場合は嘔吐する際に血が混じることもあります。あまりにも痛みや症状がひどいと感じる場合は病院で診断を受けるようにしてください。

 

胃炎の原因になるのは、暴飲暴食や喫煙、不規則な生活習慣、カフェインの多い飲みものの過剰摂取、香辛料の過剰摂取、薬剤の影響、細菌の感染などが考えられます。胃炎の症状が出た時は、原因にもよりますが、基本は安静にして疲れた胃を休ませてあげることです。もともとの回復力だけでも大方なんとかなります。

 

どうしても症状が良くならない場合は胃薬を飲んだり病院に通院するのが一番ですが、根本的には胃が疲れる原因を探さないと繰り返しますから、食事や生活の習慣を見直すことは忘れないでください。

 

胃炎の際に食べてはいけない食品

 

胃炎のときには、胃にやさしい食品を食べることが必要ですが、逆にこの時期に絶対に食べてはならないものもあります。例えば刺激の強い食品などで、香辛料を多く含むカレーやキムチチゲといった食品、また、コーヒーやコーラといったカフェインを多く含むものや炭酸飲料も避けるべきだと言われています。

 

こうした食品はわかりやすいのですが、実は意外な食品が胃壁を傷める原因となりますので、そういった食品についても抑えておくのが良いでしょう。

 

特に注意すべきは動物性の脂肪が多い食品です。代表的なものが肉類で、胃炎を起こしているときには避けるべき食品です。ラードやバターといった食品は油分だけだとしても、動物性のものは消化があまりよくない食品ですから、避けておいた方が無難です。

 

脂肪の種類は違いますが、この時期には青魚もあまり良いとは言われません。もしも食べたいというときには、できるだけしっかり加熱した食品を摂取するように心がけましょう。

 

また、香辛料は使わないのが基本となります。唐辛子はもちろん、コショウやわさび、マスタードなども胃にとっては刺激が強くなりますから避けるべきです。また、塩分が濃いものも、胃に負担となりますので止めておいた方が無難です。

 

そして、見逃されやすいのがかんきつ類のフルーツです。これらは酸味が強いので、胃酸の分泌を促してしまい荒れた胃にさらにダメージを与えてしまう可能性があります。普段は健康にいいかんきつ類も、胃炎の際には避けるべきなのです。

 

また、意外かもしれませんが、胃炎の際には血液をサラサラにするという食品の多くは胃壁にダメージとなるためNGになります。豆や麦も消化が良くないので、この時期は避けるようにしましょう。

 

睡眠不足と胃炎

 

胃炎の原因には様々なものがあり、昔からストレスが胃炎の原因になるといわれていた通り、ストレスは大きな要素であると言うことができます。

 

そして、このストレスが引き起こす睡眠不足は、胃炎とも大きな関係があります。日本人の多くは、睡眠に関して何らかの障害を抱えているともいわれていて、睡眠不足が影響して胃炎を生じている人も実は少なくないのです。

 

睡眠不足というのは、睡眠が不足している状態です。ですから、当然眠くなってしまうわけですが、これをストレスと認識している人は少ないと思われます。ストレスというのはもっと心身が辛いもの、という認識があるからで、睡眠不足はよほど重度にならないとストレスとして認識されず、重度になるとストレスというよりも病気だと考えるからです。

 

人間の中には体内時計があって、生活のリズムをある程度自分でコントロールしているのですが、ストレスがたまってこの体内時計が狂ってしまうことがあります。これはストレスが自律神経に影響を与えるからです。自律神経は体の生命活動に必要な機能を自動的に行っている神経です。

 

体内時計を司る自律神経が乱れることによって、睡眠のリズムもおかしくなりますし、そして胃酸や胃の粘膜を分泌させる機能にも狂いが生じるようになります。睡眠不足は、自律神経の失調によっても現れますが、疲労やストレスを蓄積させてそれを悪化させるので、睡眠不足から胃炎を生じやすくなるということなのです。

 

睡眠不足を解消するためには、生活のリズムを整えて日光を浴びることや、夜寝る前にリラックスできる環境を作ることなどが大切です。

更新履歴