キャベツは胃に良い

キャベツは胃に良い

キャベツは「食べる胃腸薬」とまで呼ばれるほど、胃の健康を維持するために効果的な野菜です。胃腸薬の成分にもキャベツ由来の成分が配合されることも多いですし、キャベツは油物が多いときにはつけ合わせとして一緒に出されることも多いですよね。食べるだけで胃の健康を守ってくれるキャベツの秘密を学びましょう。

 

キャベツに含まれる胃を守ってくれる成分、キャベジンは、ビタミンUと言われている成分です。ビタミンUは細胞を作る材料にもなり、荒れた胃粘膜の修復を促してくれる効果があります。

 

また、キャベツを切ったり、噛んだりすることで、キャベツに含まれる酵素が作用してリゾホスファチジン酸という成分が生まれ、細胞を活性化させ、細胞分裂を促して新しい細胞を作るのを促す働きがあるのです。

 

胃炎は胃粘膜の細胞がダメージを受けて荒れてしまうことによって生じますから、キャベツの持っているビタミンUやリゾホスファチジン酸によってその修復が促されることで効果的ということが言えるでしょう。これらは熱に弱いという欠点があるので、生食することが必要で、キャベツの千切りなどが出されるのは理にかなったことなのです。

 

他にも、キャベツは免疫力や解毒力を高めるといった効能もあり、ブロッコリーなどアブラナ科の植物に特有の効能で、これは加熱によっても失われないそうです。キャベツは毎日一枚でも食べておくと健康維持にとてもいい野菜と言われていますから、できるだけ少しでも摂取するように心がけると良いでしょう。